人を探してほしい

早ければ早いほど

いつもそばにいる大切な人。
とても大切なご家族や友人がある日失踪したらどうしますか?
探しますよね。
警察への捜索願ももちろん出しますが、警察に届けただけで安心していませんか?
警察は事件性や事故の可能性が高くないと進んで探してはくれないそうです。
ただ、コンピュータに登録して終わりという、事務仕事をして済ませることが一般的なんだそうです。

では、探す手立てはどこに頼んだらよいのでしょうか?
それはずばり探偵です。
探偵は民間の業者なのでもちろん料金も発生します。

ですが、コンピュータに登録だけして何もしてくれない警察よりとても頼りになりますよね。

では、その料金体制について詳しく見てみましょう。
料金のおおまかな内訳としてまず、着手金。
これからご依頼を請け負いましたので着手しますよというお金ですね。
これが頭金であり、お約束をしたという証になります。

もうひとつは成功報酬。
ご依頼の人物を発見で来た時に支払うお金です。
このお金には交通費、人件費、捜索時間等を計算した金額を支払わなくてはなりません。

この金額が高くなったり安くなったりするのには、探すときの難易度が関係あります。
捜索範囲が狭く、すぐ発見できたのならば多少の金額で済みます。
ですが、捜索範囲が広く、場合によっては海外まで探すとなると金額も膨大です。

人を探すにはとてつもない手間がかかります。
犬や猫と違い、知識があるからです。
だからこそ、自力では難しいので探偵という専門のところに依頼した方が発見の確率が高いのです。

探偵に失踪した人を探してほしい

急に人がいなくなった、しばらく連絡が取れない人がいる等、探してほしい人ができたらまず、早めに探偵に依頼しましょう。 早ければ早いほど失踪者の発見が早いです。 失踪した先で自殺を考えてしまう人もいるかもしれません。 そう考えた時、いかに迅速に依頼するかが肝心なのです。

支払う金額はいくらくらい

探偵への人探しの依頼、報酬金とはどのくらいのものなのでしょうか。 まず、交通費です。 どこまで探すかによりますが、北海道から沖縄まで47都道府県幅広く探すならば移動の交通費もかかります。 あと、日数。 1日で終わりというわけではありません。 数日かかるのでしょうし、その間の宿泊代もあります。

ここを気にしたい

探偵社に失踪した人を探してもらいたいのはもちろんです。 ですが、追跡する探偵社の態度にも気づかいをして欲しいと感じるようです。 失踪するということはよほどの理由があるからという人が多いです。 その人を尊重してあげないと探している時に探していることがばれてさらに逃げられてしまいます。

トップへもどる